引き出物の相場はおいくらぐらい?

15.04.14 / 未分類 / Author: / コメントは受け付けていません。

これから結婚式を挙げようという幸せな2人。
式場も決まり、式次第も形になり、あとはお料理や贈り物などの細かな決め事だけ。
あと一息で、2人が主役の晴れ舞台が整います。
しかし、結婚当日の出席者の1つの楽しみでもある引き出物を決めるのは、なかなかの一大事。
そもそも引き出物って、相場はおいくらぐらいなのでしょう。
一般的に、引き出物のお値段はご祝儀相場と連動しています。

引き出物

引き出物はそれぞれの郷土の風習によって、包む品数や相場が変わってくることもあるので、両家できちんと擦り合わせることが大切です。

字の力

05.04.14 / 未分類 / Author: / コメントは受け付けていません。

書類選考で意外に注目されるのが「字」です。
履歴書に書かれた学歴や職歴ももちろん選考対象ですが、それ以上に
審査する人に強く印象に残るのは、字の持つ雰囲気です。
美しい文字なら、真面目でしっかりとした印象。
小さな文字なら、気が弱く頼りない印象。
汚い文字などは大雑把で仕事が甘い印象を持たれてしまうかもしれません。
「学歴も職歴も問題ないはず…それなのに面接にたどり着かない」
そんな方は、一度ご自身の文字を見直してはいかがでしょうか。
もしくは、もう一つ手があります。
それはインターネットから応募することです。
手書きの履歴書が主流の日本ですが、インターネットから応募すれば、
字の雰囲気上手下手などは関係ありません。
字だけで判断されるわけではありませんが、転職が行き詰っているなら、一度試してみては?

面接では自信を持った受け答えで!

05.04.14 / 未分類 / Author: / コメントは受け付けていません。

とある芸能人が就職した時の伝説があります。
それは外資系の会社に面接された時の話です。
全く英語ができなかったその人は、しかし応募先が外資系だったので、
「英語できます!得意です!」と、言い切って就職に成功したと言います。
これだけだと悪質な嘘ですが、この方は入社後も英語は出来なかったそうですが、バリバリ成績を上げたというので、もはや伝説です。
さて、この話から面接成功のカギがあります。
それは「自信満々の受け答え」です。
この芸能人が英語が得意だと言っただけで就職できた訳がありません。
それ以上に、ハッキリとして芯のある受け答えする姿が面接官の心を掴んだのです。
面接はとても緊張するもので、なかなか声を出すのも上手くいかないことがあります。
しかし震える声や小さな声で良い受け答えをしていてもダメです。
力強く自信あり気な受け答えをする方がずっと良い印象を与えます。
嘘までつくことはありませんが、せっかく書類選考も通ったのですから、受け答えは自信を持って行いましょう。